調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

熱帯夜でも快眠^ ^自然風で寝る方法はコレ!

我が家の寝室にはエアコンがありません。

あるのは換気扇。正しくは吸換気扇。はき出すだけではなく、吸い込むこともできます。

この換気扇のおかげで自然の風を思いっきり感じながら毎日快眠です^ ^

仕組みは簡単^ ^

夜間の外気は室温(エアコンを付けてない)より5度以上低いので、外気を強制的に循環させるということなんです。

導入方法も使い方も簡単ですから試してみてください。

換気扇は下記のタイプを購入して、寝室の窓に取り付けます。

東芝 TOSHIBA VRW-25X2 [窓用換気扇 ライトグレー 羽根径:25cm]  7,000円程です。ランニングコストは一晩6円くらい^ ^
寝る1時間ほど前に、熱気が充満してる寝室の他の窓を5〜10センチ開け、換気扇を回します。
そして、寝室のドアを閉めます。

これで寝室の熱気が涼しい外気とドンドン入れ替わります。

お風呂やシャワーのあと寝室に入ってビックリ!

まるで夕涼みをしてるかのように寝室の空気が澄んでるはずです。

日によってはそれでも生温く湿度も高く感じるかもしれませんが、寝てしまえば夜中には寒いくらいになってます。

※我が家では寒過ぎて途中で止めることが多い^ ^

エアコンで不健康な睡眠とるのをやめて、自然風でいい夢見ると翌日の仕事もうまくいきますよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

最近のコメント