調査会社、企業サービスの吉本哲雄が書き綴っています。

無いなら作ればいい。

私の父は完成品を与えない人でした。

オモチャを買ってもらった記憶がありません(笑)

出来上がったモノを手にしても楽しさはしれてる。

どうしたら楽しいか、考えろ。

無かったら作れ。

こんな調子でした^ ^

頑固な父親のおかげでいつのまにか同じ思考が染み付き、私生活も仕事もワクワクできてるのだと感じてます。

日本ユーザック株式会社の湯淺社長も無いなら作ろうと考え実行した人です。

100インチのLEDテレビ。

LEDバックライトの液晶テレビではなく、LEDでそのまま見せてるテレビ(モニター)です。

120インチ、150インチも製品化できてて、世界初とのことです。

大手メーカーがこのクラスのモニターを作りましたが、搬入設置に限界があることや価格面などの理由から売れず実質撤退したそうです。

画面が組み立てなのでどんな屋内にでも置くことができる。今までは部屋に入らなければ置けなかった。

この差は大きいですね。

関連記事

コメント

    • 中川献一郎
    • 2018年 2月 22日

    良いお父様ですね。そして良いお話です。
    無いなら作る。学ばせて頂ければと思います。

    • admin
    • 2018年 3月 25日

    中川さん、コメントありがとうございます。
    湯淺社長との出会いを与えてくれた中川さんに感謝です♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

最近のコメント